医療レーザーの種類

医療レーザーといえば?

医療レーザーには、さまざまな種類があります。
レーザー脱毛機を開発している会社によって、そこで作られるレーザー機器は異なり、それぞれに特色あるものとなっています。

近年、取り扱う会社が増えていることから、その種類も多く、また、技術の進歩も早い事からも、目まぐるしいスピードで製品が入れ替わっています。

そんな中でも定番となっているのが、「ダイオードーレーザー」、「アレキサンドライトレーザー」、「ロングパルスヤグレーザー」の3種類です。

まさに医療レーザーでは王道ともなっている機種で、医療機関のほとんどがこの3種類の中からどれかを導入している…といっても過言ではないようです。

ダイオードーレーザー

痛みが少なく、産毛まで対応できる優れもの
今、最もよく利用されているレーザー機種と言えるそうです。
メーカーとしては、サイノシェア社やルミナス社が有名。
なんと、家庭用脱毛器で有名なトリアやトリアプレシジョンなども、このダイオードーレーザーだそうです。

アレキサンドライトレーザー

日本では、1997年から広く使われるようになったレーザー機種。
ダイオードーレーザーよりかは、ちょっと痛みが強くなるのだとか…。
焼却装置がついているので、ジェルを塗る手間がないので、スピーディーにおこないたい時には最適です。
ロングパルスなどもあり、メーカーではキャンデラ社が一番のトップシェアを誇っています。

ロングパルスヤグレーザー

肌色を選ばず、男性の肌にも適しているレーザー機種
上記2機種よりも光が深部まで届くように出来ているので、男性のヒゲなどにも効果的なのだとか!?
可能な肌色の範囲が広いので、肌が地黒と呼ばれる人もできるのは嬉しいところといえます。
なかには、毛細血管拡張症などの治療にも使われることもあるのだそうで、さまざまな治療ができるまさに応用力が高いレーザー機種となっています。


こうして比べてみると、それぞれに特徴があり、違いもあることがわかります。
医療器械なので、どれが勝っているというのはあまり変わらないようです。

医療機関で取り扱っている機種が異なるのは、ただ単にコストやそこの病院の医師の好みの違いといえるのかもしれませんね。

また、その使用感においても、すべては個々の状態や施術者の技術によっても変わるらしく、ここで述べた違いを万人の人が感じるかどうかはまた別問題となります。

医療レーザーは、その出力がかなり強力ですから、短期間でその効果を実感することができる。けれども、痛みもそれだけ強くなりがち。
しかも、料金もエステサロンに比べると高めとなっているのも考慮しないといけないかもしれません。

トップへ戻る